探偵 契約

悪質探偵に騙されないために契約前にチェックしておく事とは?

MENU

探偵との契約前には「探偵業届出証明書」を確認!

探偵になるには特にこれといった資格が必要ではないため、基本的には誰でもなろうと思えばなれる職業とあります。
しかし、そこには「探偵業法」という法律に即した業務をおこなう上での義務が生じます。
これは業務の適正化や健全化といったことを目的として施行された法律なんですが、この法律を知ることで、私たちにとって、とても役立つ情報を知ることができるのです。
探偵になるには資格は必要ありませんが、業務をはじめる場合にあたって営業所がある各都道府県の公安委員会に「探偵業届出証明書」の提出が義務づけられています。
そのため、この証明書がない事業者が業務を行っている場合には違法となります。

 

もし探偵事務所に相談へ行った場合は、この証明書が事務所に貼られているかをしっかりと確認する必要があります。
事務所の見えやすい場所に貼ること、と決まっているので簡単に確認できるので安心して下さい。
証明書が貼られておらず、証明書の事を突っ込むと急に冷たくなるような探偵は十中八九悪徳業者だと思って間違いはないでしょう。

 

また、悪徳業者によっては証明書自体を改ざんしているケースも考えられます。
依頼者は実際に証明書を見る機会がほとんどないため、きちんと公安委員会から発行されたものなのか分かりません。
本物かどうかを確認するためには、まず届出証明番号を確認して下さい。(その場でメモを取っておく事をオススメします。)
届出証明番号は公安委員会によってつけられた唯一無二の番号なので重複などは絶対にあり得ません。
この番号を控えておくことで、後で管轄の公安委員会に照合確認ができるため、悪徳業者を回避することができるのです。
はじめて訪れた探偵事務所ですぐ契約を結ぶのではなく、最低でもここまで確認することをお勧めします。

 

探偵との契約前のチェック項目 まとめ

  • まずは探偵業届出証明書が貼られているかチェック!
  • 探偵業届出証明書の番号を控えて公安委員会に照合をかける!
  • 照合の結果、その業者が登録している事が確認できればOK!

これらのチェックは大変な事ではないので、契約前には必ず確認しておきましょう!