家出人 捜索方法

家出人捜索で実際に行われる事とは?

MENU

自発的な家出では警察は全く動かないので注意!

家族や同居人、親しい人がいなくなってしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
いなくなったのが大人であれば、突然思い立って一泊旅行ということも考えられますが、常に?がっている携帯電話が?がらない、直前に何かトラブルや気になる言動があった、など普段と違う兆候が見られる場合は、家出の可能性も考えなければなりません。本人の意思ではなく、事故や事件に巻き込まれた可能性もあります。

 

家出人捜索の方法ですが、まずは警察に捜索願を出します。
届出先は、最寄の警察署、交番、駐在所など、どこでも構いません。
警察では、家出人の氏名、住所、生年月日、職業、本籍、家出の日時、思い当たる原因や動機がないか、家出人の顔や身体の特徴、家出時の服装、車両を使用している場合は車両ナンバ−などを確認し、その情報を警察本部のコンピュータに登録します。
しかし、捜索願を受理、情報登録を行うだけで、警察はすぐに家出人捜索は行いません。
本人の意思によるただの家出と判断されれば登録のみで終了です。

 

その後事件や事故、取締りなどで誰か保護された場合、登録情報との照合を行う、という捜索方法になります。
もちろん、何らかの事件性がある場合は、警察も捜査員を動かしますので、誘拐、自殺の恐れがある、などの場合は、その旨を明確に伝えましょう。
一般家出人とは区別した特異家出人として、捜索が行われます。
もし事件性がなく、積極的に家出人捜索を行いたい場合は、警察に捜索届を出した後、探偵など人捜しの専門家に依頼する方法を採ります。
その場合は、実績があり信頼出来る業者であるかを慎重に判断し、依頼するようにしましょう。