家出人捜索

交際が絡む家出人捜索の特徴と解決期待度

MENU

交際を認めて欲しいがために家出するというケース

家出人の捜索を調査会社に依頼する場合、家族が手元に所有しているスナップ等によって容姿を把握することができます。
家を出た後の足取りは、交友、異性関係などの、本人が頼りにすると思われる人間関係から追跡を開始します。
そのためには、預かったスナップを片手に、出来るだけ多くの関係者から聞き込みをおこなうことになります。
本人が向かうと思われる地域は、これまで訪れたことのある土地や思い出の場所などが多く、その周辺地域の宿泊施設などを中心に捜索をおこないます。

 

子供の捜索の場合、学校から自宅へ帰宅することなく、行方がわからなくなるということが多くあります。
その背景には、本人を取り巻く親子関係をはじめとする様々な事情が隠されています。

 

付き合うことを反対された異性との交際を認めてほしいがゆえに、その強い意志を、家出という手段でアピールすることがあります。
家出の向かう先は、その交際相手の元である場合が多く、そこで寝泊りを繰り返し、交際を認めてもらうまでは家に戻らないといった、極めて幼稚な考え方のもとで家出を続けている場合があります。

 

この事例の場合は、そういった親子関係を調査機関に洗いざらいオープンにするだけで早期解決につながると言われています。
家出の理由を最もよく把握しているのが家族であり、またその逆のことが言える場合もあります。
どちらの場合にせよ、家族が子供をみつけ出したいという強い思いが、必ず発見につながっていきます。