家出人 捜索願い

家出人捜索願いとは何か?警察への提出の仕方と捜査内容

MENU

家出人捜索願いの具体的な提出方法

突然家族が帰宅しなくなったら、ショックと心配で家族はとても辛い思いをします。
警察では、成人では自身の意思、また未成年においては保護者などの承諾がないのに自宅を離れて、その行方が明らかになっていない人を「家出人」としています。

 

家出人の捜索については、まずは警察に家出人捜索願いを提出するのが残された家族のやるべき事となります。
家出人捜索願いは、最寄の警察署や交番、駐在所と何処でも受付をしているので、おかしいな?と気付いたらすぐに提出しに行きましょう。
また、家出人に対しての保護者、配偶者、それ以外の親族、監護をしている人が届出の提出が可能と決まっています。

 

捜索願の届出をする時に本人を特定できるいくつかの必要なものがありますが、具体的には本人についての情報をメモ書きして行くと良いという事になります。
効率的に簡潔に答えられるように、予めこれらの項目について明確な答えを用意しておいた方が良いです。

 

その項目は、本人の本籍、家出をした時の住所、氏名、生年月日、職業で、家出をした時の日時や考えられる家出の原因や動機
等がまずは聞かれる事となります。
次いで、本人の人相、体格やその日に着ていた服装、自動車をしていていたのかと、そのナンバーやその他思い当たる家出人についての情報を細かく伝える必要があります。
届出を出した後に、本人が帰って来たり間違いであった事に気づいた場合は、速やかに届出をした警察へ連絡をする必要があります。

 

警察では届出の受理後にコンピューター情報を入力しますが、更に本人が自殺をする恐れがあったり事件性があると判断したときには別の方法での手配も行います。
本人を発見した場合には、法律に基づいて保護をしますが、本人の意思に反しての無理な保護は出来ない事になっているようです。