特異家出人

特異家出人ってなに?警察はどの程度捜索してくれるのか

MENU

家出人には一般家出人と特異家出人の2種類がある!

一般家出人とは、自分の意思で姿を消した可能性がある人のことを言います。
例えば書置きが残してあった、喧嘩をして出て行ってしまった、子供が外泊をするようになり家に帰らなくなってしまったなど、何かしらの原因がはっきりわかっている場合です。
この場合は家出をする原因をとりのぞかなければ、なかなか家出人が帰ってくることはありません。
そして警察へ提出される捜索願の件数は年間に10万件近くもあり、一般家出人の場合はあまり積極的に調査や捜索活動を行ってはくれません。
しかし一般家出人の場合でも事件に巻き込まれる可能性はかなりの確率です。
本来ならば早急な捜査が必要なのですが、そうはならないのが現実です。

 

それに対して特異家出人とは、自分の意思ではない可能性のある家出や失踪のことをさします。
例えばいつも通り会社や学校へ行ったのに帰ってこない、家にいたはずの妻がいきなりいなくなったなど、家出の理由が思いつかないような時はこちらに含まれます。また、認知症気味なお年寄りが突然と姿を消したというケースも、この特異家出人が適用されます。
これらはどれも事件性や事故性が高く、早く対処しなければ命に関わることになってきます。
そのため捜索願を受理した警察署は速やかに捜査をしなければなりません。

 

一般家出人の場合は何かしらの事件が起こってから家出人と照らし合わせるだけですが、特異家出人の場合は初めから事件性を考えて捜査を始めてくれるのが大きな違いです。
しかし一般家出人か特異家出人かを判断するのは捜索願を受けた警察署なので、本当に事件に巻き込まれた証拠や確信がなければなかなかこちらに分類されないのも現実です。

 

もし、家族や身内の誰かが事件性を伴う家出(失踪)をした場合、警察へ捜索願いを出す時には『事件性がある』という事をしっかりと、しつこいくらいにアピールして何としてでも特異家出人として受理してもらうよう努力して下さい。
それでも、どうしても一般家出人としてしか受理されなかった場合は、探偵や興信所などの民間調査会社に相談をして、できるだけ早めに捜索を始める事が大切です。