家出人探し方

家出人の探し方【事件や事故に巻き込まれる前に見つけ出す!】

MENU

家出人の探し方 代表的な3つの方法を比較

家出人の探し方には大きく分けて次の3種類。

調査

  • 探偵に依頼して調査
  • 警察に探してもらう
  • 自力で探してみる

これらの家出人の探し方には、それぞれメリットとデメリットがあります。↓

家出人探し
捜索方法によるメリットとデメリット

メリット

探偵
迅速かつ正確で広範囲
・複数の調査員が捜査
・発見後のメンタルサポート有り

警察
・捜査費用がかからない
・日本全国が捜索範囲

自力
・知り合いから特別な情報が入るかも
・捜査費用があまりかからない

デメリット

探偵
・多少の捜査費用が必要

警察
・捜索速度が遅い
・事件事故に巻き込まれてから見つかる事が多い

自力
・心身ともに疲労する
・捜査ノウハウが無いから空回り
・捜査範囲と時間が限られる

探偵を使って家出人を探す

探偵探偵の最大の特徴は、全力で探してくれるというところ!
警察では適当にあしらわれるような件でも、親身になって対応してくれるのも助かります。

 

大きな事件や事故に巻き込まれる前に、人探しのスペシャリストである『探偵』に相談するのが一番でしょう。

 

人探しのTV番組などからも調査依頼を受けて、実際に次々と発見している探偵なら実力もあるので安心です。

《家出人探しへの適性度》
★★★★★
まずは探偵に依頼

⇒ 具体的にどの探偵がオススメ?

 

警察に家出人捜索を依頼する

警察警察に家出人捜査の依頼をすると、まず警察のデータベースに「家出人」として当該者の情報が登録されます。

 

その後、別件捜査の時にデータベースを照合して登録内容と合致すれば発見+確保!となるので、放置の状態が続きます。

 

事件・事故に巻き込まれてから発見される事が多く、任せっきりにするのはキケン!

 

※但し、事件性が強い場合は、特異家出人として別枠捜査になるため迅速です。

《家出人探しへの適性度》
★★★☆☆
一応警察にも報告

 

自力で調べる場合

自力調査自分での調査は、行動範囲や捜査時間に限界があり満足な調査ができません

 

また間違った判断で深追いをした事によって事態が悪化!というケースもあるので、余計なことはしない方が良いでしょう。

《家出人探しへの適性度》
★☆☆☆☆
下手に動くと悪化

人探しが最も強い探偵社は
TVでもお馴染み「原一探偵事務所」

原一探偵原一探偵事務所は「バンキシャ」や「徳光和夫の感動再会、逢いたい」などの“有名テレビ番組”からもたくさんのオファーがくるくらい、調査力・信頼度が高い探偵事務所です。

 

24時間365日稼働しているので、夜中でも相談できるのはとても心強いですね。

 

北海道から沖縄まで広域捜査もOK

厳しく教育・訓練をされた自社の調査員が100名以上、調査車両は100台以上も保持しており、全国に18もの拠点があるため
日本全国広域の人探しが可能

 

自力ではなかなか行けない場所でも、すぐに探しに行ってくれるのは助かりますね。

 

最新の調査機材を使いこなす

高性能GPSや高性能無線機など、調査機材は最新鋭のものを揃えています。

 

それらを手足のように使いこなすことで、
正確かつスピーディーな捜索が実現しています。

 

見つけて終わりでなく、心のフォローも

単に人探しをするだけでなく、見つけ出した後のメンタルケアもしてくれるので、安心して全てを任せられます。

 

家出の理由とまっすぐ向き合い、今後どのように家族が接すればいいのか?など、
二度と家出しないよう手助けをしてくれるのは本当に助かりますね。

 

また、捜索料金に関しても、
見積もり以外の追加料金は一切発生しない
から分かりやすくて◎
下手に自分で動くよりも、探偵に任せた方が安上がりになるケースも多かったりします。
矢印家出人を見つける

家出の種類と捜索方法特集

プチ家出って何?家出人捜索の方法家出が招く大参事

矢印プチ家出特集ページへ

矢印捜索方法特集ページ

矢印家出の危険性特集へ